マイニングを始めてみた!

2017年11月29日
macOS プログラミング・開発 仮想通貨

皆さん、こんにちは。

「仮想通貨」というと、つい一年くらい前までは、知らない人がほとんどでしたが、Bitcoinの過剰なまでの高騰によって、ニュースなどで見聞きする人も増えたかと思います。

その「仮想通貨」は、「ブロックチェーン」という技術をベースに成立しており、通貨としてのデータや、そのデータに含まれている情報を保護するため、そのデータをユーザー全体に分散させ、単一のデータを盗み見ただけでは解析できないような仕組みになっています。

その「ブロックチェーン」を基盤とした「仮想通貨」は、「マイニング」と呼ばれる、コンピューターによる計算により、通貨の帳簿や、データに含まれている情報の帳尻合わせ(簡単に言うと経理作業のようなもの)を行なっているのですが、その「マイニング」を行う「マイナー」は、マイニングによって仮想通貨を得ることができるのです(実際には、通貨というよりも「ブロック」が生成されるのですが)

そのため、仮想通貨を我先にゲットしようと、世界中で多くの人が仮想通貨を掘り続けているのですが、そのマイニングは一般の個人でも行うことができます。

冒頭でお話ししたBitcoinなどは、かなりの歴史があり、既に、マイニング専門の企業が圧倒的な規模のコンピューターで計算を行なっているため、個人では到底かなわないのですが、現在、仮想通貨は沢山の種類があり、そこまで高騰していない通貨であれば、マイニングで通貨をゲットするチャンスはあります。

私は、とりあえず、手元にある使っていないMac miniを活用したかったので、EthereumとMoneroを試してみたのですが、Ethereumは既に計算の難易度がかなり高くなっており、おそらく、このMac miniでは通貨をゲットすることはできないでしょう(いつかはブロックが生成されるかもしれませんが、電気代に対しての利益はマイナスになってしまいます)

仮想通貨のマイニング時に行う計算は、ブロックが生成/発見される毎に、計算の難易度が高くなっていくため、先行者利益は高いのですが、あとから参入した場合、ブロックの数が増えるほど利益を得ることが難しくなります。

Moneroも、本記事執筆時点では第8位の流通量なので、マイニングもそこまで簡単ではないのですが、難易度はEthereumほどではないので、とりあえず、実験がてらマイニングプログラムを動かしています。

今後は、IoTと呼ばれているような、通信できる家電が増えるため、待機電力で仮想通貨をマイニングし、その利益でサービスを受けられる、といったことが起こるかもしれません。

ちなみに、私が試してみた、マイニングクライアントは、Go EthereumというEthereumのクライアントと、xmr-stakというMoneroクライアントです。

いずれも、コマンドラインのツールですが、インストールには、Homebrewというコマンドラインを拡張するプログラムが必要になります。


ENTRY LIST

コーダー/プログラマーのための電子書籍ハウツー: そろそろブログやSNSじゃなくて、本にまとめてみたら?

続・成功するフリーランス – 年収1000万円は簡単に実現できる: フリーランスを15年やってみてわかったこと

木を食べる: 花粉症・ダイエット・健康食品・食糧革命への福音書

思春期の男の子を持つ、お母さんのための処方箋: 「いいからやりなさい!」って言ってませんか?

BitMEX