GmailのIMAP/SMTPサーバーを手動追加する際のパスワード設定方法

2020年7月24日
iOS iPadOS インターネット

皆さん、こんにちは。

GmailをGmail(Web版)やアプリ版で使用している場合は不要なトピックですが、手動でGmailのIMAPサーバーやSMTPサーバーを設定したり、Gmailに他ドメインのアカウントを設定する場合はパスワードの設定が少し厄介で、毎回忘れてメモを見返すため、備忘録的に設定方法をシェアしたいと思います。

iOS標準のMailにGmailアカウントを追加する際、通常はアカウントの種別選択ダイアログで「Google」を選択すれば、特に面倒なプロセスなく追加することができます。

しかし、私の場合、Gmailに複数のドメインのアカウントを選択し相手によりアカウントを切り替えているため、この設定をMail内でも有効にするよう、手動でアカウントを設定しています。

iOSのMailアカウントを追加する際は『Other(日本語表示ならば「その他」)』を選択し、受信サーバーを「imap.gmail.com(port:993)」、送信サーバーを「smtp.gmail.com(port:465)」と指定しますが、パスワードはGmailのパスワードでは通りません。

このパスワードは、Google Accountのページで「App passwords」を生成し、生成された文字列を使用する必要があります。

App passwordsは、Google Accountのページにアクセスし「Security」内の「Signing in to Google」枠内「App passwords」から生成します。

「Select app」は対象の選択肢が無ければ「Other (Custom name)」を選択し、任意の名前を設定します(iOS Mailなど)「Select device」も同様に、該当する端末があればその端末名を、無い場合は「Other」を選択し名前を設定します。

「GENERATE」ボタンで生成されたテキストをメール設定内に入力すれば無事パスワードが認証されます。

又、私は、Gmail(Web版)で他ドメインのアカウントを追加していますが、SMTPサーバーはGmailのサーバーを使用していますので、この場合の認証用パスワードも、上記で生成したパスワードを使用することになります。


ENTRY LIST

コーダー/プログラマーのための電子書籍ハウツー: そろそろブログやSNSじゃなくて、本にまとめてみたら?

続・成功するフリーランス – 年収1000万円は簡単に実現できる: フリーランスを15年やってみてわかったこと

木を食べる: 花粉症・ダイエット・健康食品・食糧革命への福音書

思春期の男の子を持つ、お母さんのための処方箋: 「いいからやりなさい!」って言ってませんか?

BitMEX