SB版iPhoneSIMをiPad Wifi + Cellular版で使うAPN設定

2020年4月22日
Gadget iPadOS

皆さん、こんにちは。

前回の記事でお話ししたように、久々にiPadを購入したわけですが、iPhoneが修理の間、出先で使用したかったため、Wifi版ではなく、Wifi + Cellular版を選択しました。

購入したiPadはそもそもSIMフリー版なので、なにも考えずiPhoneに挿していたSoftBankのSIMをiPadに入れてみたものの、アンテナ部分には3Gと表示され、通信は無反応。

調べてみたところ、iPhoneのSIMが自動的に設定するAPNとは別のAPNを設定しなくてはならないということでした。APNとは「Access Point Name」の略で、携帯電話網に接続する際のアカウントのようなものです。

SoftBank版iPhone用SIMをiPadで使用するためのAPNは非公式だそうですが、調べるとそれなりに出回っている情報なので、ここでも共有しておきます。

APN jpspir
USER sirobit
PASS amstkoi

そもそも、SoftBankのデータプランを契約しているのに、端末を変えただけで使用できないというのはおかしな話ですよね。

と言うことで、無事にiPadを使って出先で通信できましたが、翌週早々にiPhoneの交換端末が届いたので、束の間の満足でした。


ENTRY LIST

コーダー/プログラマーのための電子書籍ハウツー: そろそろブログやSNSじゃなくて、本にまとめてみたら?

続・成功するフリーランス – 年収1000万円は簡単に実現できる: フリーランスを15年やってみてわかったこと

木を食べる: 花粉症・ダイエット・健康食品・食糧革命への福音書

思春期の男の子を持つ、お母さんのための処方箋: 「いいからやりなさい!」って言ってませんか?